肌のくすみと洗顔石鹸

肌が明るく見えないのは、単なる疲れや加齢が原因ではありません。
毛穴のつまりによりくすみが発生している可能性があります。
そのため、効果的な石鹸を使用して、透き通るような肌を実現したいものです。

それではどんな石鹸をチョイスしたらいいのでしょうか。
まず、保湿ケアを行える石鹸を使用する必要があります。
どうしても毛穴が開いてしまうと、汚れがつまりやすくなってしまいます。

また、陰もできやすくなるので、肌のトーンが暗く見えてしまうでしょう。
そのため、保湿効果のある石鹸を選ぶと、肌がふっくらとして、自然と毛穴が小さくなります。
そうすると、くすみがとれてきれいな肌になることができると言っていいでしょう。

やはり洗浄力は大切

また、汚れを残さないようにきちんと洗顔をする必要があります。
毛穴汚れは頑固であり、きちんと洗顔をしないと、いつまでも汚れが残ってしまう可能性があります。
そのため、洗浄力の高い石鹸を選ぶ必要があります。
特に小さな粒子サイズの洗浄成分を使用するといいでしょう。

特に海の泥などが粒子サイズが小さく、なおかつ毛穴汚れを吸着してくれるので、
汚れ残留の可能性が低くなります。泥成分配合の石鹸は見過ごさないようにしましょう。

また、きめ細かい泡で粗い、ぬるま湯で丁寧に洗い流す必要があります。
泡が汚れになってしまう可能性があるからです。

このようにくすみなくしたいという人は、保湿ケアと汚れ残留をしないようにしましょう。
そうすれば、毛穴のくすみがない美しい肌を維持できるでしょう。

洗浄力に拘りすぎるのもよくない

洗浄力について書きましたが、洗浄しすぎて肌を傷つけてしまったり炎症を起こしてしまう方もいるようです。
肌はできれば優しくケアをしたいものですが洗浄力という一言ではそれぞれ受け取り方が違うのかもしれないと先ほど思いました。うまくケアができればいいのですが、できない方はクレイ、泥系の洗顔がお勧めです。クレイ洗顔は泥が毛穴に入りこみ吸着し汚れを落とす性質があるそうです。

つまり肌を傷めずに洗顔ができるということになりますね。

これは上でも書いていますが理由は傷めないことができるから良いですよという補足でした。