石鹸を泡立てる理由 その①‐洗浄力を上げる

洗顔石鹸を用いるときには泡立てることが多いのですが、
石鹸を泡立てる事による効果の一つが洗浄力を高める事です。

石鹸を泡立てる事によって、表面積が大きくなります。
空気の泡がたくさん生じていますから、それに応じて表面が広くなります。
表面が広くなる事によって汚れなどに接する部分が大きくなります。
そのために、効率よく汚れを落とすことができるようになります。

それとともに、泡には汚れを取り込む働きがあります。
泡が汚れを包み込みますから、ごしごしとこすらなくても汚れが取り込まれる事になります。

すすぎはしっかりと

洗顔石鹸がそのまま肌に残っているとトラブルの原因になることがあります。
肌のトラブルの原因として良くある事ですから、宣言石鹸を使ったときには、
しっかりと洗い流すことが必要なのですが、泡立てる事によって流れやすくなると言うメリットがあります。
そのために、肌のトラブルを抑える事ができるでしょう。

このような事から、石鹸はそのままで使うよりも泡があるほうが良いのですが、
この泡は細かいほうが効果は高いと考えられます。
泡が細かいほうが汚れを取り込みやすく、また表面積も大きくなりますから洗浄力が高くなります。
ですから、できるだけ細かい泡を作るほうが良いのです。

細かい泡を作るのはあまり得意ではないと言う人もいると思いますが、
その場合には泡立てネットなどを使うと石鹸の洗浄力を最大限まで高める事ができますから、
石鹸を効果的に使うことができるのです。