洗顔石鹸での混合肌のお悩みとポイント

混合肌とは、オイリーな部分と乾燥しやすい部分との両方のある肌質を指します。
皮脂の分泌に偏りがありますから、それにあわせて石鹸を使っていく事が必要となってきます。

皮脂が過剰に分泌されると、その皮脂がトラブルを引き起こすことがあります。
皮脂が酸化する事によって黒ずんでしまうことがありますから、
過剰な皮脂は除去しなければなりません。
また、皮脂が炎症を引き起こしてしまう可能性があり、それが湿疹になったり、
あるいはニキビになったりすることもあります。
なので、石鹸でしっかりと皮脂を落とすことが必要となります。

皮脂を落としすぎると肌トラブルになることも

石鹸で皮脂を落としすぎる事によっていろいろなトラブルが生じる事もあります。
特に、混合肌の場合には乾燥しやすい部分もありますから、
この部分については皮脂を落としすぎると良くありません。
ですから、石鹸を使いすぎるのは良くないのです。

このように、混合肌では石鹸を使って皮脂を落としすぎてもトラブルになりますし、
皮脂が残っているとトラブルになる事になります。
適度に皮脂を落とすことができるかどうかということが重要な事となってくるのです。
石鹸にもいろいろなものがありますが、
100パーセント天然成分のものは洗浄力が弱すぎるという傾向があります。
また、合成系のものは洗浄力が強すぎるという傾向がありますから、
その間のものを選ぶ事が必要となってきます。
適度な洗浄力のものを選ぶのは難しいですが、
いろいろなものを試して適度なものを探すことが必要です。